関節痛で彼女ができた

人気記事ランキング

ホーム > 生活 > 配偶者ビザの国別取得法

配偶者ビザの国別取得法

ワーホリで日本にいる外国人との結婚はとても増えているらしいです。

ワーキングホリデーは二国間の取り決めによって行われる制度ですから、
日本人が向かう対象となる国については相手国側からも同様に日本に
やってくる若者がいます。

国際結婚手続きは、とても複雑なので、ふたりでこの難事業を乗り越えると、
夫婦でひとつの達成感を味わえ、自信なるのだといいます。

ワーキングホリデーにおいては滞在費を稼ぐ為に現地で働く事が許されますが、
日本にやって来る若者については為替レート等の関係から賃金が良く、
定められた期間を終了した後も就労の継続を希望する場合が比較的多く
あります。

配偶者ビザの取得のためには、相手国で取得した書類を自国に提出するので、配偶者
との綿密な打ち合わせが必要で、意思疎通が必要です。

こうした場合において継続した雇用を行う際には、対象者のワーキングホリデー
 在留資格変更を行い正規の就労ビザに変更する必要が生じます。

本国の大学の卒業資格を得ていないケースが多い事等から手続きが煩雑となる
ケースが多く、国際労務に関する法律関係に詳しい専門家に依頼して行うのが
一般的です。

配偶者ビザを真剣に考えるみなさんのためのご相談コーナーを用意しています。

タグ :